116蛻晄勹濶イ

                         はつげしき
ケーブルの窓に飛び込む初景色
石山秋月
いぬわし  みかみ       む
犬鷲の三上の山に棲むと云ふ

茶の花の風の音して散りにけり
さんちょう うきしま           きり
山頂の浮島となる冬の霧
         ふゆぎ  さくらたく
雨あとの冬木の桜逞しいき
           かたが   う          もず
名ばかりの肩書き失せて冬の鵙
ゆきば          お      からす
雪晴れの犬に追はるる鴉なり
じょうるい      もた      うきね どり
城塁に日の凭れゐし浮寝鳥
はくひょう あや  き       あゆ
薄氷の綾の消え行く歩みかな
かんざしゆ    はつがみま
簪の揺るる初髪待たせたり
佐藤真澄