120譏守浹豬キ蟲。

つ ゆ ばれ  せ とおおはし  はば
梅雨晴の瀬戸大橋の翔たむ
石山秋月 
つぼやき  ほ だらく  
壷焼に補陀落の空ありにけり
〃 
                     むつごろう
恋の口あけてをりたる睦五郎
〃 
かみばこうぐいすもち ふ     あと       
紙箱の鶯餅の触れし跡
だいかん こえとおり    ひなた
大寒の声通りくる日向かな
〃 
あし  つのなみ
蘆の角波来るたびに育ちをり
〃 
かんぱい              おぼろづき
乾杯の声のひびきし朧月
〃 
せ たがわ      おぼろ  やかたぶね
瀬田川はいま朧なり屋形船
〃 

かげろふてゐるらむ橋を渡りけり
新屋信子

ふりがな:
俳  句:
名  前: パスワード: