122蜷域ュ薙ョ闃ア

にじ       ぬ             ね む
虹消えて濡れてゐるなり合歓の花
石山秋月 
 よ                    べにつばき
夜つぴての雨の色なる紅椿
きよたき  とうげ  あ    おそざくら
清滝の峠に遭ひし遅桜
おぼろ                 くぼみ
朧夜のテニスボールに窪のあり
ひいらぎ    こも        
柊の花に篭れる思ひごと
 ゆ           せ      おぼろづき
湯上りの妻の背にする朧月
     えだ  ぬ           おぼろづき
松の枝を抜けて上がりし朧月
 みおく                 しゃが
見送れる母の手にある著莪の花
ね む       えんさき      たびかばん
合歓咲いて縁先にある旅鞄
                  ま    はなふぶき
声出せばしきりに舞ひし花吹雪
新屋信子