123逹。闢ョ

べつ                   はす
別の世の風吹いてゐる蓮の花
石山秋月 
すいれん      は もん かさ
睡蓮や雨の波紋と重なりて
ひざ だ    すいれん    だ
膝抱けば睡蓮も雲抱きにけり
いっこく   さぼう
一刻を茶房にゐたり花の雨
                    ぶつそうげ
にはとりの声に開きし仏桑花
         はずば         いわ  ぜん
真ん中に蓮葉ののれる祝い膳
はなはちす
花蓮水の空にも咲きゐたり
あめんぼ       お      はす
水馬の風に追はれて蓮に消ゆ
はす           め ざ    たびまくら
蓮の咲く音に目覚めし旅枕
はす  ひるきぐらい
蓮の昼気位たかき人とゐる
佐藤真澄