124謐ゥ闃ア

ねじばな  ねじ           ぬ
捩花の捩れたしかに濡れゐたり
石山秋月 
やまぎり  ふ             ねじ
山霧の触れてゆきたる捩り花
きんちょう つか       そ
緊張に疲れ見え初むシクラメン
          しり             やみ
ゴンドラの尻の冷たき春の闇
やぶつばきさしき はち
薮椿挿木の鉢の一つ咲き
はと     のきは  そろ
鳩の足軒端に揃ふ花の雨
 じはん き  ひとかげき
自販機の人影消へし冬の月
     ねこ             お
春の猫出てゆく時は尾を立てて
きく さ        まなこ  くら
菊挿して昼の眼の暗かりき
                ちが
少しだけきのふと違ふ春の風
佐藤真澄