313譟ソ

う                     く
熟れ柿のさびしき色に暮れてゐし
石山秋月
あら      かご  じゅくし   ゆうひ
洗はれし籠の熟柿に夕日かな
かきく           しんぱい
柿食ふや妻の心配また一つ
のき   は  ねこ   お   た
軒の端に猫の尾の垂るピラカンサ
えほん よ                  ふゆひなた
絵本詠む子と分かちゐし冬日向
かきもみじ              いわ  ぜん
柿紅葉いちまいありし祝い膳
たけざお みき  もた    かきわかば
竹竿の幹に凭るる柿若葉
かたこと       つ             にじ
片言の子が告げてをり冬の虹
かきわかば     お      からす
柿若葉犬に追はるる鴉かな
こくほう  ほとけ  さと  かきびより
国宝の仏の里の柿日和
新屋信子