317蝓弱ョ譴譫

うめ   か  じょうるい  べ   ま         
梅の香の城塁の辺に待ちゐたり
石山秋月 
つきがせ               か と
月ヶ瀬のダムに梅が香溶けゆけり
じょうどでら
浄土寺の大きな石に梅の花
ろうばい            く
蝋梅の昔の色に暮れゐたり
                   かんこうばい
歩くほど城の広さの寒紅梅
じょうない      か  れつみだ
城内の梅が香に列乱れたる
     べ
城の辺のいろいろのバス梅のころ
〃 
はるお     じょうるい べ
春惜しむ城塁の辺を一回り
しろあと                 もず
城跡の松に風あり春の鵙
       〃
ま ひるま              はなふぶき
真昼間の堀の深さへ花吹雪
新屋信子