321譛ィ闢ョ

 しもくれん             ち
紫木蓮ショットの音に散りにけり
石山秋月 
 しもくれん         くず
紫木蓮はんぶん崩れゐたるなり
 はくれん         ちゅう
白木蓮の夕べの宙でありしなり
 はくれん   よる  かがみ む   か
白木蓮の夜や鏡の向き変はる
おおえだ ゆら       き
大枝を揺すらせ消えぬ春の鳥
さくらしべ
桜蘂降りゐる奥の鳥の声
 はくれん              じょうどでら
白木蓮の空の青さを浄土寺
 すぐろの   はし        くつ  あと
末黒野の端に大きな靴の跡
          とさか   うご  もも
こまごまと鶏冠の動く桃の下
もくせい      ふうしょ   そ
木犀の花を封書に添へにけり
槙本かおり