513遐エ鬲皮泙

 わ                 いだ は ま や
吾が妻のショールに抱く破魔矢かな
石山秋月
たかだか は ま や お      おとこやま
高々と破魔矢下り来る男山
はつもうでみし    かた  ふ
初詣見知らぬ肩に触れ合うて
    のぼ  りゅう  わ      くんち
月へ上る竜が輪となる宮日かな
ななくさ   か  なが      ふとん
七草の香の流れくる布団かな
うじがみ  まめつづ     かん  あけ
氏神に豆包みある寒の明
 し しまい  
獅子舞をホテルに見たるめでたさよ
まつす         かげこ   かぶ  まち
松過ぎて人の影濃き株の街
               
今年こそ幸多かれと初詣
池藤利彦
ひ だま    み こ          ふゆたたみ
日溜りは巫女だまりなり冬畳
新屋信子