515謌蝉ココ縺ョ譌・

かんべに 
寒紅を引き何ごとも無き日なり
石山秋月
とし   さ                  しも
齢の差の見ゆるカラオケ霜の夜
                
ストールは母もこの色成人式 
かんつばきゆき
寒椿雪の中よりのぞきけり
あやとり  あいて
綾取の相手させらる妻若し
かんらい      な        みどうすじ
寒雷のひと鳴りありし御堂筋
 ひ ら  みね  はな         かんげいこ
比良の峰を離れぬ雲や寒稽古
き が                 かんしろう
着替へたる母が畳に寒四郎
じいばあ      すこ     ゆきまぐさ
爺婆の声の健やか雪間草
わかみず  めだか            かめ
若水を目高にもやり庭の甕
佐藤真澄