522邏ォ髯ス闃ア

 あじさい                  あまがえる
紫陽花の葉の揺れてをり雨蛙
石山秋月 
だいせん すそ あじさい
大山の裾紫陽花の海のいろ
ででむし
蝸牛に幼稚園バス出でにけり
おの  み               じょうど
己が身の高さあぢさゐ浄土かな
 あじさい        おぼ
紫陽花の海に溺るることもあり
ゆ              お     なぐさ   め
行く人のひと声落とす名草の芽
くまささ                  ふな
熊笹にくるまれ届く春の鮒
はつちょう き    と
初蝶の黄の止まりたるランドセル

雨を待ち葉裏に隠る蝸牛
池藤利彦
 さみだれ      や
五月雨や一夜にのびし庭の草
 々