523闃ア闖冶調

はなしょうぶ よ べ  あまつぶ
花菖蒲昨夜の雨粒のせゐたり
石山秋月 
ひなぎく  もた
雛菊に凭せてありしズック靴
                          ゆきのした
つつ立ちて咲くさびしさの鴨足草
              あした  しもくれん
まさをなる空の朝の紫木蓮
くき た                げつすいきん
茎立つや出勤の日の月水金
つばな の   ひ こう きぐも   こおさ
茅花野や飛行機雲の交叉して
づぼにわ              しもくれん
坪庭に空のありけり紫木蓮

まんさくや忘るる事も力なり
はしい         よわい あい
端居して父の齢を愛しめり
ちょう                 なつあざみ
蝶の来てもとより風の夏薊
新屋信子