715驛ス魑・

かざ          かがや みやこどり
飾り売のうしろ煌く都鳥
石山秋月
        きょう          みやこどり
いち日を京にすさびし都鳥
おばしま    ぬ         はつしぐれ
欄のまだ濡れをらず初時雨
ふゆ       なくず  からす       く
冬ざれや菜屑の鴉また降り来

ポケットに手袋ぬぎし両手かな
         ひなた      としわす
ひと駅の日向を歩く年忘れ
かんべに  つま
寒紅の妻に一言云はれけり
しわ     て  こぼ     はなひいらぎ
皺深き掌に零れたる花柊
 せ たがわ     おぼろ   やかたぶね        
瀬田川はいま朧なり屋形船
みやこどり   あお
都鳥空の蒼さをおそれをり
新屋信子