718邉ク譟ウ

                じ ざい いとやなぎ
このごろの風の自在や糸柳
石山秋月
            か  ぬ     ゆ
アカシヤの香を抜けて行くショットかな
 せたがわ                かれやなぎ
瀬田川の流れゆたかに枯柳
みずがめ ねこやなぎ かわこぼ
水甕に猫柳の皮零れけり
ほおきめ                
箒目のきはやかなりし散る柳
わかあゆ       わなみ  なが
若鮎の水の輪波に流れけり
 すぐろの   はし
末黒野の端にありたる波の音
   あし          ねはんにし
鳰葦がくれなる涅槃西風
 す  えだ       か と   なら
捨て枝の形に蝌蚪の並びをり
かぜお         いちづ   たちあおい
風落ちし空へ一途の立葵
新屋信子