721迚。荳ケ

ぼうたん  くつぬ         ほうわ
牡丹に靴脱いである法話かな
石山秋月 
           ぼたん        ふ ぎ り
このたびは牡丹の寺に不義理して
ぼたんえん くま    と    ゆ や
牡丹園隈なく撮りし夕焼けかな
きんしべ            くろぼたん
金蘂の中心ありし黒牡丹
          い        はななずけ
古里に母居ますこと花菜漬
くさ も      ど て  したみちかぜにお
草萌えの土手の下道風匂ふ
おく さ が       ひさし
奥嵯峨の寺の庇の花の雨
しゃくやく         しべ
芍薬の散りたる蘂の匂ひけり
          ぼたんくず
がつくりと牡丹崩れし夜明けかな
しゃくやく
芍薬の花のくづるる夜なりけり
花本雅江