722逋セ蜷医ョ闃ア

          おに ゆ り  しべ
やくかいな鬼百合の蘂夜に入る
石山秋月 
かぜいで しら ゆ り       うれ
風出し白百合にある愁ひかな
しゅんらん ぶ じちゃくりく
春蘭や無事着陸の知らせあり
あざ                  ひゃくにちそう
鮮やかに咲き忘らるる百日草
 ひまわり   こうべ ばんか き
向日葵の首に晩夏来てゐたり
やまゆ り    わ          た
山百合に吾が少年の佇ちゐたり
           べ
かたかごの辺にそば耳を立ててをり
しらゆ り    か  うなず
白百合の香と頷きぬ風の中
ゆ り    か        けはい
百合の香の人の気配に動きをり
                      はかま
藤の花タカラジェンヌの袴ゆく
花本雅江