724驥守横荳ケ

 のぼたん
野牡丹の色を云ひたる女の子
石山秋月
くちなし  おの        あ 
梔子の己が香りに褪せゐたり
                        すずめ
わらしべの垂れてをりたる雀の巣
まんろく  よる  ささ    みき
万緑の夜を支へる幹に寄り
〃 
         ゆ            べにつばき
花落ちし揺れにありたり紅椿
〃 
しだれざくら        むね  ふ
枝垂桜吹かれて胸に触れにけり
〃 
な す                 たし
茄子の花妻が言ひ分確かなる
〃 
ほたるぶくろわ
蛍袋に吾がつま先を見られけり
〃 
          すそ         ぼん  ひる
カーテンの裾に風たつ盆の昼
〃 
しゃが          すこ
著莪咲いて父健やかと便りあり
花本雅江